フキとゴボウと豚バラの炒め煮

【材料】

—フキのアク抜き—————————
・フキ             150g
・水              鍋の容量に合わせて
・粗塩             適量
—フキとゴボウと豚バラの炒め煮———
・フキ             150g
・ゴボウ            100g
・豚バラ            100g
・醤油             大さじ3
・酒              大さじ1
・ごま油            大さじ2
・白ごま            大さじ1
・鷹の爪            適量

【作り方】

-フキのアク抜き-
  1. フキは鍋に入る長さに切って、まな板の上に並べて粗塩を振りかけ、手のひらで転がしながら
    塩をこすりつける。
    このように板ずりをすることで、色味も良くなり、アクも浸み出しやすくなります。
  2. 大きめの銅鍋 (無ければ綺麗な10円玉などを鍋に入れる) で湯を沸かします。 湯が沸いたら塩付きのままフキを鍋に入れ、再び煮立ってきたら少し火を弱めます。 そこから、フキの色が綺麗な緑色になるまで約3分前後茹でます。
  3. 茹であがったら、すぐに冷水に落として熱をとります。しっかりと熱がとれるまで水を交換しながら冷やします。冷めたらフキの皮を剥いていきます。
    剥き終わったフキはさらにアクを抜くため一晩水に浸しておきます。
    フキは水にさらした状態で一週間ほど日持ちします。
-フキとゴボウと豚バラの炒め煮-
  1. アク抜きしたフキとゴボウは30mmほどの長さになるよう斜め切りにし (この時ゴボウの薄さは
    約3mm)、豚バラは一口サイズに切る。
  2. 鷹の爪はお好みで輪切りにしても、そのままでも大丈夫です。
    フライパンでごま油を中火で熱し、そこへ鷹の爪と白ごまを入れて香りがたつまでさらに熱する。
  3. 2のフライパンへ豚バラ、ゴボウ、フキの順で入れ炒める。
    そこへ酒と醤油を加えて汁気が飛ぶまで炒め煮をしたら完成。
Back to Top